過ごし方

【レビュー】iPad mini 6の良かったところと残念なところ!

先月iPad mini6を購入しまして、1ヶ月ちょっとになりますか。

ほぼ毎日、結構な頻度で使ってきましたので改めて、購入してみて、使ってみて、どうだったのかを書かせていただきたいと思います。

iPad mini6を買おうか悩んでいる人へ つい先日発表されたiPad mini6(第6世代)を購入した。 真っ先に結論を書いてしまうとこのままブログを終える羽目になってし...


ここからさらに使い込んで、改めて、買って良かったところ、気になるところを上げていきたいと思います。結論としては購入時と変わりなく、「やはり感動している」ということになるのですが、流石にそれで終わるわけにはいきませんので(笑)

iPad mini 6の良いところ

それでは順番に見ていきましょう。

iPad miniは第5世代が発売されてから実に2年半ぶりの最新機種の発売となりましたので、旧機種と比べ、相当のグレードアップが見て取れます。

高性能でとてもパワフル

iPad mini 6は最新のiPhoneと同じくA15 Bionicというチップを搭載しているためとってもパワフルです。

形としてはiPad Airの小型版のような感じですが、性能で見ると実は小型のiPad mini 6の方が優れています。2021年11月現在、単純にチップの性能で比べるとiPad mini 6はiPhone13 ProやMaxなどと同等の性能であり、

これに勝っているのは今のところiPad Proのみということになります。

もちろん単純比較だけではわからない部分も多々ありますが、それでも、この小型機種でこの性能というのは恐るべし!です。


趣味に最適なデバイス

前回も書きましたが、僕の最大の購入目的でもあったのがこちらになります。

iPad mini 6は趣味に最適です、これ本当に。

  • 本を読む
  • 映画や動画を観覧する
  • WEBブラウザを使用する
  • ゲームをする

このようにエンタメ目的として使用する際にものすごく使いやすさを発揮します。

ちょうどイイ大きさ。

これがいかに大事なことかを痛感します。

ハードカバーの書籍と同じような大きさのため、男性であれば容易に片手持ちできますし、外出時に鞄に忍ばせるにももってこいなサイズ感です。



通勤や通学時に映画やアニメを見るならU-NEXTがオススメ!

https://masakichi-festival.com/u-next-mihoudai/

見た目もイイ!

iPad ProやAirと同様、ベゼルレスになったことにより、従来のiPad miniからサイズが少し小さくなったにも関わらずディスプレイは7.9インチから8.3インチへと大きくなりました。

これ本当に、ただただ嬉しいという感想しか出てこない改善点ですよね!


Apple Pencil 第二世代への対応

Apple Pencilが第二世代へと変更になったことも良かった点の一つと言えます。

まずはペンシル自体の改善点になりますが、形状が変わったことによりとてもにぎりやすくなりました。そして充電が本体の端子部分への差し込みから側面へくっつけるだけに変更!これはものすごく嬉しい!


指紋認証搭載

電源ボタンの部分にTouch ID機能が搭載されたため、電源オンと同時にロック解除が可能になりました。

ただ、こちらに関しては若干の不満点もありまして、Face IDがつかなかったこと、ですかね。

どうせならダブルで搭載して欲しい。。。

が、実際Face IDがないことでの不便さがそこまで感じられなかった事と、Touch IDの搭載は良い事ですので、こちらもエントリーさせていただきました。


USB-Cに変更

今回のiPad mini6からUSB-Cに変更になりました。ここ最近、Apple製品も着々とUSB-Cへの移行が進んでいるようで、ケーブルを統一できるのは嬉しいですよね!

ここまでくれば後はiPhoneシリーズもUSB-Cに。。。と期待してもイイのでしょうか。。。


iPad ProやAirとの共存ができる

僕は現在、iPad ProとiPad mini 6の2台を所有しているのですが、それぞれの使用目的が全く違うんですね。

iPad Proは自宅でしっかりと作業に取り組む目的で使用しています。

miniの方は外出先でちょっとしたメモを取るなどにも重宝していますし、先に書いたように趣味目的として最大限に活用しています。


ステレオ対応

iPad mini 6になり、端末の上下にスピーカーが実装されたため、格段に音がよくなりました!

特に動画など見る際に横向きにすると左右から音が聞こえるため、とても良いです♪


iPad mini 6の残念だったところ

さて、お次は使っていると見えてきた、少し残念だなと思ったところを見ていきたいと思います。

いくつかあったので一つずつチェックしていきましょう!


バッテリーの持ちが弱い

まず自分的に一番気になったのはこちらでしょうか。

思っていた以上にバッテリーが減るんですよね。

朝イチからがっつり集中して使っていると一度、お昼に50%程度まで減ったことがありました。

なかなかの減り具合だな、と。iPhoneよりも減りは早いですね。

あと充電問題なのですが、付属の20Wアダプターで充電したところ、30分でおよそ30%〜40%の充電でした。ちなみに公式でiPd miniの推奨ワット数は30Wと記載されていますので、充電おスピードを気にする方は別途30W用のアダプターを購入しておくと良いかもしれません。

https://masakichi-festival.com/anker-powercore/


クリエイティブな作業がしにくい

iPad miniというのは特性上、当たり前ですがコンパクトです。当然ディスプレイの大きさも小さめです。

ですのでイラスト描いたり、動画の編集をしたりとクリエイティブな仕事をする分には少々、不向きです。元に僕は作業をする際はiPad Proを使用しています。

ただしこれは「良いところ」でも書きましたが、iPad miniやiPad Pro、Airなどは共存できるということです。

それぞれの特性があるので、それに合わせた使い方をしていくことで最大限の威力を発揮してくれます。


カメラがイマイチ

最新のiPhoneなどに比べるとどうしてもカメラの性能が大きく劣ってしまいます。

とは言え第5世代の700万画素から1200万画素へ大きくグレードアップしていることには変わりまりませんが。。。

最新のiPhone13シリーズと比べると大きく劣りますし、iPhone11 Proあたりと比べてもおそらくiPhone11 Proに軍配が上がるかなといったところです。

が、正直、写真を撮るならiPhoneの方がそもそも利便性が大きいので、あまりiPadで写真を撮ることがない僕にとってはそこまで気にならないポイントではあります。


イヤホンジャック問題

前回の記事にも書かせてもらいましたが、イヤホンジャックがなくなりましたので、有線のイヤホンを使用されている方は別途でApple純正の、USB-Cから3.5mmのイヤホンジャックに変換してくれるアダプタが必要です。

必ずapple純正品を購入してください。

エレコムなどからも同じくUSB-Cから3.5mmジャックへの変換アダプタは発売されていますが、

『iPad miniへは対応していません!』

接続しても本体から音が流れるだけですのでお気をつけ下さい。

必ず、apple純正のものを使用して下さい。確実です!



ゼリースクロール

「縦置き状態でスクロールするとディスプレイの表示が波打つような現象」のことで、割と問題になった有名なiPad mini6の問題点ですね。

これは液晶ディスプレイの正常動作であるとAppleがコメントを出しているのですが、

ようするに液晶ディスプレイの構造上、スクロールしていくと「一行ごとに」情報が書き換えられていくのですが、「左右で更新にわずかなタイムラグが生じる」ため、このような現象が起こるということらしいです。

が、実際僕の購入したiPad mini 6では上記のような現象は未だ認められおらず、真意の程が定かじゃないのですが、現にこのような現象が起こっている方が多数おられるということで、書かせて頂きました。

まとめ

以上がここ1ヶ月ほど使い倒して改めて見えてきたiPad mini 6の良いところと悪いところでした。

実際問題、購入した直後に比べて、残念な部分も増えはしましたが、実際問題として、使用に何か不具合があったり、致命的に使いにくいなというものは何もありませんでした。

むしろ使うほどに買ってよかったと思える部分はたくさん出てきましたし、自分自身のスタイルに合わせて、使い方を考えていくのも楽しみの一つだなと思っています。

中でも「趣味」をメインに使おうと思って購入を検討している方にとってはまさに最強の一台だと思います。

そもそもタブレットは「なくても生活に困らないけれど、あると便利で楽しい」ものだと思いますし、まさにiPad mini 6はぴったりなんじゃないかと。

買って損はないですよー♪



【2022年】iPad mini6を4ヶ月使い倒して気づいた使用感 いPad mini6を購入して4ヶ月ほどが過ぎました。発売前から評価がたかく、発売後も高評価を得ているiPad mini6。 実...